保湿を丁寧に

  • 投稿日:
  • by

私の母は、朝、顔を洗う時、石鹸や洗顔フォームで洗うことはありません。母は石鹸や洗顔フォームを使わずに水だけで顔を洗う人です。 母は、洗顔のときに石鹸や洗顔フォームを使うと、必要な皮脂までもが全部落ちてしまってお肌のためによくないから水だけで洗顔すべきという石鹸不用説を頻繁に話してくれます。 そんな母は65歳にもかかわらずピカピカしています。ニキビが白く膨らんでいるのを見つけると、ついつい中身を出してしまいます。ニキビの中から膿や種の種のようなものが飛び出してくるのがまあまあ好きです。ただ、五回に一回はつぶしても中身が残り、無理にでも中身を出沿うとして、ニキビが治っても肌がクレーターのようになってしまうのです。鏡でニキビ跡を見るたびに、無理にニキビをつぶしてはいけないと反省するのですが、また白いニキビが出てくると自分を抑えられずに、再びつぶしてしまうという悪循環の繰り返しです。 肌荒れを防ぐためには、洗顔を終えたら、直後に化粧水等で保湿をします。何を用いるかは、肌の質によって異なりますし、その時の、体調によってもちがってきますでしょう。 毎回、化粧水や乳液、美容液を使うのではなく、肌状態との相談をして頂戴。普段から色々な保湿商品を使うと、お肌本来の保湿機能が低下します。 洗顔料が顔に残った状態だと、肌荒れになってしまうかも知れないので、じっくりとすすぎを行いましょう。その後には、利用するのは化粧水や乳液など、保湿を丁寧に行って頂戴。保湿をやらないと肌が乾燥してしまい、シワが見えやすくなります。保湿をちゃんとやれば、シワができない様に、予防・改善することができます。エイジングケアではコラーゲンの服用がとても大切な事だと思います。 コラーゲンは素肌のハリやツヤを提供していただけます。若い時分のような素肌にするには、コラーゲンがいりようです。 コラーゲンが多量に入っている食料やサプリメントで補給するのが、エフェクティブなようです。 ◆乾燥肌基礎化粧品30代